NEWS

 
 

劇場版501基本情報

『劇場版 501』
DOCUMENT 501 THE MOVIE
“BEBOP MINORU’S THE AD HOC SPACE”

【公開】
1月9日(土)から15日(金)まで
十三シアターセブンにて連夜20:30〜
【料金】一般1.800円、学生1.200円、会員・シニア1100円
詳細 十三シアターセブン twitter

R-18*18歳未満の方は入場出来ません
*当日、年齢確認が出来る身分証をお持ちください。

【あらすじ】
このドキュメント501は劇場版テレクラキャノンボールのヒットに気を良くしたAV監督カンパニー松尾が2014年3月、渋谷の居酒屋で、功労者ビーバップみのるに何気なく言った一言、「みのるちゃん、ご褒美に好きなの撮っていいよ」から始まった。

““つまらないAVは見たくない”をキャッチコピーに掲げるハマジムにふさわしい面白いAVを目指したビーバップみのるは、その直前に面接した“なんとなく有名になりたい”AV女優霜月るなを本当に有名にするべく人類最強の顔射の女王を目指すプロジェクト501を発動させる。
501とはAV界における最多顔射回数を意味する数字であり、さらに最後の1発を人間の100倍精子を発射す豚にお願いするという、達成すれば文字通り人類最強となる壮絶かつ夢のある企画だった。
早速501はスタートするが、その構想は撮影開始早々もろくも崩れてしまう。
その意外な展開に耐えきれなかったみのるは彼女の元を去り、ひとりになる。
ひとりになったみのるはどうするのか?
ナンパ、テレクラ、vine、Twitter、Youtube…狂人化したみのるはメディアを駆使し “情に訴える映像”を公開する。
その“くやし涙”に同調したこれまた色々抱える男や女や物資までもがインターネットを経由して続々と集結する…すべてはビーバップみのるが掲げた501”のために。その混迷の結末はいかに…

【ビーバップみのるプロフィール】
1975年東京生まれ。2004年、「楽して稼ぎたい」とAVメーカーDogma入社。同年監督デビュー。
それ以前はヒモしてたり、カジノで働いたり。
特技は、手コキされながら淫語責めされるビデオを作ること。趣味はデリヘル。
代表作は「淫語痴女」など。テレキャノ、BiSキャノシリーズでその軽妙なマシンガントークと意外に熱い言動が人気を博したが、本人はそれを気に入っておらず、今回新作『501』の制作に入った。

【501とは?_シンプル版】
“なんとなく有名になりたい”“るなちゃん”を本当に人類最強の顔射の女王にするべく501発の顔射を目指すドキュメントAV。501とはAV界における最多顔射回数を意味する数字であり、さらに最後の1発を人間の100倍精子を発射する豚にお願いするという、達成すれば文字通り人類最強となる壮絶かつ夢のある企画である。

【501関連動画】
(NEW) 『劇場版501』予告

(NEW) 完全版ドキュメント『501』(PGbyHMJM)

ドキュメントAV「501」制作途中報告動画その1
*ドキュメントAV「501」制作途中報告動画はその20まであります!

今週の501(第1回)
*今週の501は第5回まであります!

【仕様】
日本/2016年/R-18/120分(予定)/Dolby SR/HDV
監督:ビーバップみのる
出演:ビーバップみのる、霜月るな、夢華さら、みおり舞、若林美保、青山真希、やつめたなこ、他
企画・制作・著作・配給・宣伝:有限会社 ハマジム

R-18*18歳未満の方は入場出来ません
当日、年齢確認が出来る身分証をお持ちください。

詳細、最新公開情報はユーロスペース、ハマジムHP、カンパニー松尾ツイッターをチェック!!
カンパニー松尾 twitterdogma様HPハマジムHPにて